若年層の包茎の手術に対して

驚かれる方も多いかもしれませんが年々包茎の悩みを抱える人が低年齢層で増加をしています。まだ成長期であり、包茎の意味を知り始める中学生から大変深刻な悩みとなっていることが多く、なんと修学旅行前に手術を受けたいと訴える人もいるほどです。昨今ではそればかりか、本人はまだ幼くて何も分かっていないのですが、小学生のお子さんを持つ祖父母や親からの相談も引きを切らないのです。親や祖父母としては、本人がことの深刻さを理解する前に治しておきたいという悲痛な叫びも年々、増加の一途をたどっているのです。とはいえ、、包茎の手術が行える年齢はいつでも何歳でも可能なのかと疑問に思う方も多いのです。
理論上は、包茎を手術することに関しては、特に年齢によるリミッターは存在しておらず、親の同意があれば中高生でも手術を受けることができるというのは事実なのです。とはいえ、陰茎が成長期のまんまんなかにある学生は、その後の発育に大きな影響を与える可能性が高いので、手術を受けることを断る医療機関も多数あります。
確かに仮性である場合には性行為時には全く問題ないなど、通常は毎日洗って清潔にしておくことによって、成長期が進むとともに自然に改善する場合も非常に多いのです。もし中高生であったとしても、本人が非常に悩んでしまって精神的な悪影響があるという懸念を持っていない限り、一般的に手術を可能としている18歳以降までは手術を見送り、経過観察をしておくことが大切なのです。そのため、若年層で手術をうけるばあいにたいしての、成長期ならではのリスクが高いので、手術を受けるときには気をつけておきましょう。
なお、成人してからはどんな医療機関でも、全く問題なく手術を受け付けてくれます。上限が無いので、まれに60代、はたまた70代の方も包茎の手術を受けています。高齢者だからといって特に制限はありませんので、手術を受けたいけれど高齢だからと残念な気持ちを抱く必要はなく、医療機関に相談してみましょう。


/

悩んでないで包茎治療 is proudly powered by WordPress
Entries (RSS) and Comments (RSS).
Theme by Spanish Translation US.